So-net無料ブログ作成

ミハイロフスキー劇場バレエ@東京国際フォーラム [バレエ&ダンス]

本日、2015年の観劇始めです。
東京国際フォーラムで開催された
ミハイロフスキー劇場バレエ(旧レニングラード国立バレエ)
「新春スペシャルガラ」を観てきました。


image-20150103221649.png



当初は予定していなかったのですが
吉田都さんがゲスト出演されると言う事で
急遽行ってきました。

席は1階の後ろの方ですが
私的には全体が見えるので良い感じ。
しかしながら、ガラ公演だからなのか
空いてる割に観劇マナーの悪い方が集まりすぎ。

静かなシーンでゴソゴソ何かやってたり、しゃべる奴もいるし。
隣なんて奥様の付き合いみたいで8割爆睡。
結構、空いている席に勝手に移動する人も。
これが意外に多くてビックリでしたね。
ま、空いてるんだからって言われたらそうだけど
席によってはグレード違っちゃいますからね。
子連れでそれって…教育上どうなの?

舞台は、ガラ公演なので3種類。
くるみ割り人形は若手なのか、
やけにバラバラに感じる花のワルツ。
演出なら仕方ないけどね。
私は、もう少し揃ってる方が好きだよ。

白鳥の湖は、ジークフリートにルジマトフのせいか
妙にそこだけズッシリ感。
白鳥達も揃ってるから綺麗でしたが
なんか長く感じるのは、演奏のせいか
ルジマトフの重たさのせいか(笑)。

最後はライモンダ。
ライモンダが都さんだし
相手もゲストソリストだったからか
一番安定した作品になってた気はする。
白鳥より長いんですが、凄く短く感じたし。
やはり、ライモンダの結婚式のシーン
良いですよね〜。

国際フォーラムの床のせいなのか
ポアントの音が凄く響く。
どの方も1階の後ろの方まで響いてましたね。
キャラクターシューズも響いていたし。
結構、国際フォーラムってバレエやってるのに
どうなんだろう?

ま、観劇始めとしては良かったのだけど
お客様のマナーも良ければ
もっと楽しめたんですけどね。

【キャスト】(敬称略)
第一部「くるみ割り人形」より第二幕 ~おとぎの国~
  マーシャ:アンナ・クリギナ
  王子:アンドレイ・ヤフニューク

第二部「白鳥の湖」より第二幕 ~オデッとと王子、湖畔の出会い~
  オデット:アナスタシア・ソボレワ
  ジークフリート:ファルフ・ルジマトフ

第三部:「ライモンダ」より第三幕 ~ライモンダの結婚式
  ライモンダ:吉田都(ゲスト・ソリスト)
  騎士ジャン・ド・ブリエンヌ:デニス・マトヴィエンコ(ゲスト・ソリスト)

指揮:パヴェル・ブベルニコフ
演奏:ミハイロフスキー劇場管弦楽団


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 5

yan

スーパーの駐車場で、平気で障害者スペースに駐車する人も気になります。
家族連れの車でそれやると、子どもも大人になったとき、そうなるんだろうなと思います。
ボク自身が守れているマナーとそうでないマナーがあるので、他人のことはあまり言えないんですけどね。
by yan (2015-01-03 23:08) 

瀬木あおい

>yanさん

niceとコメントありがとうございます。

私も守れていないルールはあるので
言えない部分もありますが
最低限のルールすら守れて居ない方が
最近増えてるように感じてはいます。
教育上どうなの?って言うようなのは
チョット勘弁してほしいです。
by 瀬木あおい (2015-01-10 21:50) 

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-01-10 21:51) 

瀬木あおい

>wattanaさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-01-10 21:51) 

瀬木あおい

>まるこさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2015-01-10 21:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0