So-net無料ブログ作成

「鬼悠市 風信帖 雪猫」(高橋義夫)【文春文庫 た-36-12】 [読書日記]

今回は時代小説です。

実は高橋義夫氏の作品は、これが初挑戦です。
今回は帯に書かれた「あの女は“黒塚”だ」が購入の決め手。
だって、黒塚のような女将…気になりませんか?
帯に惹かれて買った一冊ですが、これが大当たり。
結局、シリーズ全作を購入してしまいました(笑)。


【あらすじ】(裏表紙より)
松ヶ岡潘きっての実力者、奏者番の加納正右衛門に毒が盛られた。
下手人はだれなのか?
“黒塚の女”こと多情な宿屋の女将・お伊万はこの件に関わっているのか?
竹林に暮らす足軽にしてその実、加納の懐刀である隠密・鬼悠市が動く。
鬼は真相に迫れるか。
鮮烈にして滋味深い筆致がますます冴えわたるシリーズ第5弾。
豪剣、一閃!



コレには7編の作品が収録されています。
短編ですからどこから読んでも話はわかりますが
登場人物を考えると、最初から読んだ方が分かりやすいかな。

主人公の悠市は当然のように強いです。
普段は竹林で暮らして、献上品の竹細工を作っていますが
時に密かに竹細工の品を手渡し情報を貰ったりも。
竹熊さんは、良い人なんだとは思いますが
悠市や太兵衛を目の敵にしたりすることも。
ドジな面もあったりして憎めないんですがね。

短編だから、時代小説を余り読まない方にもオススメかも。

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 4

瀬木あおい

>しげ様

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-04-17 19:24) 

瀬木あおい

>xml_xslさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-04-17 19:25) 

瀬木あおい

>thisisajinさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-04-17 19:26) 

瀬木あおい

>まるこさん

niceありがとうございます
by 瀬木あおい (2010-04-19 18:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0